福岡市で女性人気NO.1!鍼灸治療で、あなたの腰痛や肩こりなどのお悩みを改善します!

惠心堂


生理痛の鍼灸治療

生理痛のメカニズムを東洋医学的に説明したいと思います。

同じ生理痛でも、痛みが強くなるタイミングは人それぞれ。
しかし、実はタイミングごとに鍼灸の処方は違ってきます。

  1. 月経が始まるときに痛むタイプ
  2. 月経中ずっと痛むタイプ
  3. 月経の終わり頃に痛むタイプ

 

1. 月経が始まる時に痛むタイプ

このタイプは東洋医学的にいうと『気滞』タイプ。いわゆる「気の流れ」に滞りが生じているのですが、その「気滞」の原因は大きく分けて外傷とストレスということになりますが、運動不足という側面もみられます。対策としては、日頃から適度な運動などでストレスを発散し、月経開始の3日前から直前までに予防的施術を受けておくと、月経の始まりがとても楽になります。
使用経穴:合谷・太衝・関元など

2. 月経中ずっと痛むタイプ

東洋医学では『瘀血』という考え方があり、血行不良などの理由から子宮に古血が滞留してしまうことで、スムーズな内膜組織の排出ができずに痛みを生じると言われています。もちろん鍼灸施術で十分に対応可能で、このタイプに多い「かたまり状の経血」も次第に改善してきます。対策としては、日頃から水分を十分に摂り、定期的な鍼灸施術により体質を改善することをお勧めします。
使用経穴:関元・血海・血府・三陰交など

3. 月経の終わり頃に痛むタイプ

月経の終わり頃にシクシクと痛む。このタイプは『気虚』といって、気が少なくなっている状態を言います。月経の終盤は段々と経血の量も少なくなっていくものですが、気が少ないことで「引き締め」が上手く行かず、なかなかスッキリと終わらないのも特徴です。対策としては、食事と休息をしっかりと取り、やはり鍼灸施術で体質を改善することをお勧めします。
使用経穴:気海・合谷・百会など


いずれのタイプも、鍼灸施術が効果的です。また、通常の施術で効果が見られない場合はイネイト活性療法をお試しください。きっとお力になれます。

 

惠心堂のご案内

住      所:
〒810-0012福岡県福岡市中央区白金1-4-25セントラルイマージュ1F
アクセス:
西鉄大牟田線薬院駅から徒歩5分
お問い合わせ・ご予約
0800-080-8800
受付時間:
【平日】 10時~20時
【土曜】 10時~17時
【日曜】 11時~18時
【昼休み】12時30分〜14時
定休日:
火曜・祝祭日・夏期・年末年始

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ